2018年活動

 

活動一覧に戻る →

 

世代を超えた勉強会 
2018年2月20日(火)新橋亭

世代を超えた勉強会

 
2018年2月20日(火)「世代を超えた勉強会」が新橋亭において開催されました。今回は、元国税調査官で税理士の牧野義博様にお話し頂きました。前半は法人税や所得税の一般的な注意事項や税務調査のときに調査官が着目する点など、後半は牧野様の調査官自体の様々な体験談をお話し頂きました。
前半の税務調査について、調査官が注目する経理処理として仮払いや仮受け、多額の未払金、海外取引などは注意したほうがよいとのお話しがありました。また、国税通則法の改正により、現場の調査官も上司の決済が下りないと調査が終われないなど、調査官側の苦労話しもお聞きできました。また、マイナンバー制度につても、今後銀行口座への紐付けが予定されているとのことでした。
後半は査察部(いわゆるマルサ)についてで、一般的にはあまり関わることはない?ですが、査察部の組織から、情報収集から強制捜査までの裏話まで貴重なお話しが聞けました。時には反社会勢力等との対応など、国税調査官も命がけで、聞いているだけでもハラハラする内容でした。