立教経済人クラブ会則

 

概要のページに戻る

 

第一章 総 則

第1条 本クラブは立教経済人クラブ(Rikkyo Club of Executives & Professionals)と称する。
第2条 本クラブは事務局を立教大学セントポールズ会館内に置く。
第3条 本クラブは産業経済界において活躍する立教大学校友会会員の相互の啓発、相互の援助並びに親睦を図り、母校の発展に寄与すると共に、産業経済の発展に寄与することを目的とする。
第4条 本クラブは前条の目的を達成する為、次の活動を行う。
1) 会員名簿を作成し、刊行する。
2) 会報の発行を行う。
3) 会員相互の啓発及び親睦を図る為、情報交換、意見交換を行なうと共に、セミナー等を開催する。
4) その他本クラブの目的を達成する為、必要と認められた活動を行なう。

 

第二章 会 員

第5条 1) 本クラブの会員は立教大学校友会の会員、もしくは立教中高同窓会、立教小学校同窓会のいずれかの会員で、産業経済界並びに関連専門職業にて活躍している経営者及び管理職並びにその勇退方々とする。
2) 本クラブの会員は暴力団、暴力団員、暴力団関係企業・団体または、その関係者その他反社会的勢力に所属していないものとする。
第6条 入会及び退会は本人の申し出に基づくものとする。但し、入会には本クラブ会員の推薦と運営委員会の承認を必要とする。会員として不適当と思われる場合には理事会の決議により退会させることができる。

 

第三章 役 員

第7条 本クラブに次の役員を置く。
会 長
副会長
理 事
監査委員
事務局長
委員長
顧 問
相談役
1名
若干名
若干名
若干名
1名
若干名
若干名
若干名
第8条 会長は本クラブを代表し、会務を統括する。副会長は会長を補佐し、会長事故ある時はその職務を代行する。理事は理事会の構成メンバーとして、重要事項の決定に参与する。
事務局長は事務局を運営し、各委員会の活動を統括する。監査委員は会計及び財産の状況を監査する。顧問、相談役は重要事項につき会長の諮問応じ理事会において意見を述べることが出来る。
第9条 役員は総会において選出する。
第10条 役員の任期は2年とし、重任を妨げない。
補欠により就任した役員の任期は前任者の残任期間とし、増員により選出された役員の任期は他の在任役員の任期と同じとする。

 

第四章 総 会

第11条 会長は年1会、会計年度終了後2ヶ月以内に総会を総集する。総会において、事業報告、決算報告、事業計画、予算、諸案件等を決議する。
総会の議長は会長が当たり、出席者の過半数の賛同により決議とする。
理事会が必要と認めた場合は臨時総会を開くことが出来る。

 

第五章 理事会

第12条 理事会は会長、副会長、理事及び事務局長を以って構成し、本クラブの運営に関する重要事項を審議決定し、且つ総会に議案を提出する。理事会は運営委員会に、会務を委嘱することが出来る。監査委員は、理事会に出席し意見を述べることが出来る。
理事会は会長が必要と認めた場合又は役員の1/3以上の請求があった場合、会長がこれを招集する。

 

第六章 委員会

第13条 1)本クラブは総会、理事会の議決事項を遂行する為、必要とされる委員会を置く。
2)事務局と前項の委員会を以って運営委員会を構成し、本クラブの会務を処理する。
尚、会長、副会長、理事は運営委員会に出席し意見を述べることが出来る。

 

第七章 会 計

第14条 本クラブの会計は次の収入を以って運営する。
1) 入会金
2) 年会費
3) 寄付金
4) 雑収入
第15条 本クラブの入会金、年会費は次の通り定める。
1) 入会金 10,000円
2) 年会費 10,000円
第16条 本クラブの会計年度は毎年4月1日から翌年3月31日までとする。

 

第八章 雑 則

第17条 本クラブの会則に規定なき事項は理事会の決議を以って、これを定め総会に報告する。
第18条 会則の改廃は総会の決議による。
〈附則〉 本会則は平成12年5月23日第20回総会第3号議案により変更され実施する。